セキュリティ・キャンプアワード開催報告

2021年

2017年

2021年

セキュリティ・キャンプアワードは、キャンプ修了生たちの日常的な研究や活動、その後の動向に注目し、修了生の活躍の場、発表の場としてセキュリティ・キャンプフォーラムと同時開催しています。情報セキュリティに関連した取り組み、研究成果、コミュニティ活動の成果、イベント参加、趣味等、幅広いテーマについてプレゼンテーションを行う場を設け、一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会ステアリングコミッティメンバー等で構成した審査委員会による審査を行い、優秀者や価値のある取り組みについて発表者を表彰します。

一次審査通過者(発表者)

2021年3月13日(土)に開催したセキュリティ・キャンプフォーラム2021にて一次審査を通過した方の発表と最終審査が行われました。一次審査通過者と発表タイトルは以下の通りです。

高山尚樹氏
『Analyzing C# (.NET) Malware』
土屋速斗氏、工藤信一朗氏、西村啓佑氏、山田理紗氏、鈴木伶哉氏、大谷大輝氏
『グループワーク活動による進捗アシストbotの開発』
芦田裕飛氏
『SecHack365しながら兵庫県新型コロナウイルスまとめサイトを一年程保守したお話』
大渕雄生氏
『IoT機器のセキュリティ学習を容易にするキットの開発』

※『 』内は発表タイトル

最終審査結果及び表彰式

最終審査は、セキュリティ・キャンプ修了生等※ の投票にて行いました。
最終審査結果は以下の通りです。セキュリティ・キャンプ協議会のステアリングコミッティGMの上野宣より発表されました。

最優秀賞 大渕雄生氏
特別賞  高山尚樹氏

※ 講師、セキュリティ・キャンプ協議会会員・役員・ステアリングコミッティメンバー、IPA運営メンバーを含む。なお、特別賞は投票結果をもとにステアリングコミッティにて決定されました。

最優秀賞を受賞した大渕雄生氏。賞状および最優秀賞の副賞としてApple MacBook Air を受け取りました。


受賞者の皆さん、おめでとうございました。


2017年

セキュリティ・キャンプアワードは、キャンプ修了生たちの日常的な研究や活動、その後の動向に注目し、修了生の活躍の場、発表の場としてセキュリティ・キャンプフォーラムと同時開催しています。

会場の様子

一次審査通過者(発表者)

3月17日(金)に実施したセキュリティ・キャンプフォーラム&アワード2017にて一次審査を通過した方の発表と最終審査が執り行われました。一次審査通過者と発表タイトルは以下の通りです。

榎本秀平氏「RaspberryPi版xv6のネットワークプロトコルスタック実装」
北村拓也氏「サイバーセキュリティ学習プラットフォームの開発」
木村廉氏「バイナリ解析フレームワークradare2の現状と今後」
小池倫太郎氏「Drive-by Download攻撃を仕掛ける悪性Webサイトに誘導するように改ざんされた一般のWebサイトの探索」
小竹泰一氏「unicornを用いたdead code除去」
※「 」内は発表タイトル

最終審査結果及び表彰式

最終審査結果は以下の通りです。セキュリティ・キャンプ実施協議会の西本会長より表彰授与ならびに副賞が手渡されました。

最優秀賞 小池倫太郎氏
優秀賞  北村拓也氏
優秀賞  小竹泰一氏
特別賞  木村廉氏
特別賞  榎本秀平氏


最優秀賞:小池倫太郎氏


優秀賞 :北村拓也氏


優秀賞 :小竹泰一氏


特別賞 :木村廉氏


特別賞 :榎本秀平氏


受賞者の皆さん、おめでとうございました。

PAGE TOP