セキュリティ・ミニキャンプ in 石川 2019

開催概要

一般講座

専門講座

講師プロフィール

開催概要

(近日中に公開予定)セキュリティ・ミニキャンプ in 石川 2019 一般講座・パンフレット

セキュリティ・ミニキャンプ in 石川 2019 専門講座・パンフレット

一般講座 専門講座
名 称 セキュリティ・ミニキャンプ in 石川 2019
日 程

2019年11月29日(金)13時~

2019年11月30日(土)9時50分~16時30分

場所

金沢大学サテライト・プラザ集会室
〒920-0913 金沢市西町三番丁16番地 金沢市西町研修館内

金沢工業大学 扇が丘キャンパス23号館
〒921-8501石川県野々市市扇が丘7-1

アクセス 金沢大学サテライト・プラザhttp://www.adm.kanazawa-u.ac.jp/ad_koho/satellite/
金沢工業大学扇が丘キャンパス アクセスマップhttps://www.kanazawa-it.ac.jp/about_kit/ogigaoka.html
定 員

100名

20名 選考あり

参加資格 どなたでも参加できます
(社会人、学生、教職員、保護者等)

日本国内に居住する、2020年3月31日時点において25歳以下の大学院生・学生・生徒

主 催

金沢大学大学院自然科学研究科電子情報科学専攻、北陸先端科学技術大学院大学 高信頼IoT社会基盤研究拠点、金沢工業大学、北陸セキュリティフォーラム、
一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

共 催

経済産業省中部経済産業局

後 援
(予定)

総務省北陸総合通信局、石川県、石川県警察本部、金沢市、北陸経済連合会

費 用

無料。ただし会場までの交通費は自己負担でお願いいたします。


一般講座

   

一般講座のスケジュールと募集要項は近日中に公開します。



専門講座

専門講座スケジュール 11月30日 土曜日
09:30

受付開始

09:50
(20分)

『オープニング』一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会ステアリングコミッティ

10:10
(150分)

『監査ログから攻撃者の行動を分析』竹村 太一 氏 金沢工業大学在学中

APT(Advanced Persistent Threat)攻撃は、企業のセキュリティの重大な課題になっています。この講義では、どのようにして監査ログの中から攻撃者の痕跡を追跡していくかについて学びます。また、Powershell Empireなどのペネトレーションツールを用いて、APT の攻撃手法についても学びます。

12:40
(50分)
昼食休憩(主催者側にて用意いたします)
13:30
(150分)

『機械学習によるTwitterボットの検出』新井 悠 氏

フェイクニュースの拡散において、SNSが大きな役割を果たしてしまっています。フェイクニュースの拡散に使用されているのがボットと呼ばれるプログラムによって作成されたアカウントです。
本講義では、機械学習を使ってTwitterボットを検出する手段を実装することで、こうしたフェイクニュースに立ち向かっていく手段はあるのか、考える機会を作ることを目的とします。

16:00 『クロージング』写真撮影、アンケート記入等
16:30 解散

専門講座募集要項
参加条件
  • 日本国内に居住する、2020年3月31日時点において25歳以下の大学院生・学生・生徒(当日、学生証または年齢がわかるものをご提示いただきます)
  • 団体行動のルールを守り、他の参加者と協調して参加できること 
  • コンピュータサイエンスに関する基礎知識を持っていること
  • 演習で使用する下記条件のPCを持参できること
    - メモリが8GB以上であること - HDDに50GB程度の空き容量があること
    - 有線及び無線LANに接続可能なこと
    - VirtualBox、VMware等の簡単な操作が可能で、前出の仮想環境においてLinuxのコマンド操作が可能なこと
    - 参加決定後に指定のソフトウェアをインストールし、起動確認できること(詳細は参加決定後にご連絡します)
  • 別途定める「セキュリティ・ミニキャンプ in 石川 2019」実施規定を遵守できること
  • 参加時点で20歳未満の方は、参加について保護者の同意を得られること(参加決定時に保護者の同意書を提出していただきます)
申込方法

こちらの応募フォームからお申込みください。

※選考問題があります。
※申込内容に不備があった場合は、事務局より確認のご連絡をする場合がございます。
※申込された方には、申込受領のメールが自動送信されます。メールが届かない場合は事務局までご連絡ください。

申込締切

11月5日(火)16:00必着(16:00までに到着したものを有効とします)

参加者決定のお知らせ

審査の上、申込みされた方全員に11月8日(金)までにメールまたは電話にて連絡します。

留意事項
  • 申込者多数の場合には、参加できないことがあります。参加者は、選考問題の回答内容を審査の上、北陸地方の方を優先に選考します。
  • 会場までの往復の交通機関や宿泊施設は必要に応じてご自身で手配(費用自己負担)してください。
  • 参加が決定された方には、「セキュリティ・ミニキャンプ in 石川 2019」実施規定を遵守する旨の誓約書、学生証(小学生は在学証明書)のコピーを提出していただきます。 また、事前学習課題に取り組んでいただくことがあります。
  • ミニキャンプ期間中には、マスコミ各社による取材活動が行われることがあります。また、取材された結果が氏名・学校・顔写真を含んだ受講時の様子を含めて各メディアに掲載されることがありますので、ミニキャンプに申込される方はその旨事前にご了解ください。
  • ミニキャンプ開催後には、主催者ホームページにて「セキュリティ・ミニキャンプ in 石川 2019」の開催報告をする予定ですが、その際参加者が写っている画像を掲載する可能性があります。キャンプに申込される方はその旨事前にご了解ください。
  • ミニキャンプの講義の様子は、キャンプ事業の広報活動や技術啓発を目的として撮影、録音し、その内容を公開する場合があります。
  • 本事業の成果をはかることを目的として、ミニキャンプ参加後、参加者については参加者アンケートの提出を含めて、定期的にその後の活動状況についてフォローアップ調査(参加者は回答必須)させていただきます。参加を希望される方はその旨事前にご了解ください。
  • 「セキュリティ・ミニキャンプ in 石川 2019」に参加した方でも、セキュリティ・キャンプ全国大会や他のミニキャンプの応募は可能です。
お問合せ窓口 一般社団法人セキュリティ・キャンプ協議会事務局
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-1平河町森タワー 株式会社ラック内
Email info@security-camp.or.jp
TEL 03-6757-0196

講師プロフィール

竹村 太一
たけむら たいち

金沢工業大学4年生。SecHack365 一期生。

新井 悠
あらい ゆう

2000年に情報セキュリティ業界に飛び込み、株式会社ラックにてSOC事業の立ち上げやアメリカ事務所勤務等を経験。その後情報セキュリティの研究者としてWindowsやInternet Explorerといった著名なソフトウェアに数々の脆弱性を発見する。ネットワークワームの跳梁跋扈という時代の変化から研究対象をマルウェアへ照準を移行させ、著作や研究成果を発表した。よりマルウェア対策に特化した仕事をしたいという想いから2013年8月にトレンドマイクロ株式会社に活躍の場を移す。近年は数理モデルや機械学習を使用したセキュリティ対策の研究を行っている。2017年より大阪大学非常勤講。CISSP。


PAGE TOP